「すき家」の問題をご存知でしょうか?|職員の気ままなコラム|大阪市 日新税理士事務所

大阪の税理士桐元久佳 日新税理士事務所
トップページ > 職員の気ままなコラムメニュー > 「すき家」の問題をご存知でしょうか?

税務申告 大阪 税理士 桐元久佳とは 日新税理士事務所とは 支援サービスとは 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 お役立ちのコンテンツとは 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 戦略MG マネジメントゲームとは 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 お役立ちセミナー 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 全国役所一覧 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所
日新税理士事務所職員(スタッフ)の気ままなコラム
「すき家」の問題をご存知でしょうか?
「すき家」の問題をご存知でしょうか?
運営スタッフが同時期に、大量に辞めた要因の一つとして、メニューに最近増やした鍋定食の手間がかかりすぎることらしい。
店舗の運営スタッフの確保がままならず、24時間営業できない店から随時、店舗改装をしているようです。
平成26年3月24日時点で1,985店舗あるうち、1,000店舗を平成28年3月までの2年間で店舗改装する予定です。
店舗改装のご案内 すき家HPより

この記事を見たとき、本当にすき家が?、別の牛丼チェーンの話でないの?という感想でした。
個人的には、すき家よりも吉野家の牛丼の方が好みなので、あまり行くことがなかっただけで、最近の実態を知らないからでした。

『ゼンショーは、この10年で売り上げを20倍に伸ばし、今期3,686億円の売り上げを達成する見込みだ。
その原動力となったのは生産効率への飽くなき執念、そして社員、パート、アルバイトまでをも1つにまとめ上げる統率力。

こうした仕組みを作り上げたのは、革命家出身の経営者、小川賢太郎社長だ。
小川社長にとって日本一は通過点に過ぎない。あくまで狙いは“フード業世界一”。
日経ビジネス 2010年9月21日

詳細は、この記事を見ていただくとして、
1.生産効率の追求
2.お客様を家族全体に拡げたこと

この2点が、急拡大・成長できた要因である。

創業時に弁当屋を開業するも、効率が落ちるため、牛丼に絞りこんだはずなのに、作業効率を落としてでも、新メニューを提供することになり、現場スタッフが対応できないため、大量の退職者が生まれ、閉店・改装という悪循環が生まれました。
我々、中小企業がこの状況から何を学び、自社の経営に活かすのか。
自社の成功要因は、何なのか?絶えず定期的に見つめ直すことです。
そして、守るべきもの、変えるべきものを意思決定することです。

また、事業は【人】なり。ということです。たとえ素晴らしいアイディアでも、仕事をするのは、あくまでも【人】です。
業務オペレーションに無理があると継続的に商品・サービスの提供が不可能となります。
「殷鑑遠からず」。
ゼンショーさんは、この件で潰れることなく、また復活されると思います。自社を見つめ直すきっかけとなればと思います。

(桐元 久佳)
税務・会計・経営に関する無料相談なら大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所
▲このページの上へ