平成23年決算データからみるクリニックの経営実績報告[医業経営情報]大阪市 日新税理士事務所

大阪の税理士桐元久佳 日新税理士事務所
トップページ > 医業経営情報一覧 > 平成23年決算データからみるクリニックの経営実績報告

税務申告 大阪 税理士 桐元久佳とは 日新税理士事務所とは 支援サービスとは 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 お役立ちのコンテンツとは 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 戦略MG マネジメントゲームとは 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 お役立ちセミナー 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所 全国役所一覧 大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所
医業経営情報一覧平成23年決算データからみるクリニックの経営実績報告
この記事をPDFファイルでダウンロードする経営情報メニューへ

平成23年医療法人経営データ分析
平成23年クリニック経営の状況
収益性 対前年度比較分析
(1)医療法人経営における全体動向
平成23年における医療法人の経営実績は、全医療法人平均で減収増益となりました。
保険外診療収入、その他の医業収入は増加していますが、保険診療が減収となっています。
ただし減収幅は0.3%、金額にして385千円という小額にとどまっています。
一方、変動費は2.9%増加していますが、医業費用は1.2%減少しており、この要因としてはコスト削減の成果があります。
医業収入・費用および利益の状況
(2)利益状況
限界利益は減少していますが、医業利益と経常利益は増加しています。
減収による限界利益の減少をコスト削減によりカバーしたため、医業利益・経常利益ともに増加することとなりました。
限界利益・医業利益・経常利益
医業収入 対前年増減比較分析
医業収入 対前年増減比較分析
医業費用 対前年増減比較
医業費用 対前年増減比
平成23年優良クリニックの経営実態
平成23年優良法人比較要約変動損益計算書
収益性 優良法人の経営状況
(1)優良法人の全体動向
平成23年診療所経営実績をみると、全法人平均では減収増益でした。
医業収入上位20% の優良法人でも、同様に減収増益となっています。
医業収入は全法人における減少幅0.3%よりも若干下回り、0.6%の減少となっています。
変動費は前年比0.5%減、また限界利益は同0.6%の減少となりました。
医業費用は、人件費が4.7%の増加、その他固定費は6.7%の減少となりました。
優良法人の利益状況
利益の状況においても、各院がコスト削減に対する取り組みを継続しているところですが、優良法人では、これらの取り組みも効果を上げたと考えられます。
医業収入 優良法人の経営状況
医業収入 優良法人の経営状況

平成23年医療法人経営指標分析
平成23 年 医療法人経営指標分析

この記事をPDFファイルでダウンロードする経営情報メニューへ
税務・会計・経営に関する無料相談なら大阪 税理士 桐元久佳 日新税理士事務所
▲このページの上へ