職員の気ままなコラム

職員の気ままなコラム

高額療養費とは? ~医療費の払戻しが受けられます~

高額療養費とは、同一月(1日から末日まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。 また、医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、ご加入の医療保険か...
職員の気ままなコラム

少子高齢化やコロナ禍にみる工夫の余地

先日、ネット配信されていた記事を少し引用します。 過去にも見た事のある「西松屋」さんですが、このコロナ禍かつ少子高齢化社会でも業績を伸ばされているようです。 ●以下引用 西松屋の特徴は“ガラガラ”の店内、だが顧客満足度は高い。...
職員の気ままなコラム

会社法『取締役の責任と義務について』《2》

前回に続き取締役はどんな責任・義務を負っているかみていきます。 前回は、1. 取締役の会社への責任について見ていきましたが、今回は2.取締役の第三者への責任と3.会社法第429条1項の各論点についてみていきます。 なお、判例が出てくる場...
職員の気ままなコラム

会社法『取締役の責任と義務について』《1》

取締役はどんな責任・義務を負っているのでしょうか。 今回は1. 取締役の会社への責任2. 取締役の第三者への責任について見ていきたいと思います。 なお、判例が出てくる場合は裁判所名、年月日を記載していますので興味を持たれた場合は検索して...
職員の気ままなコラム

中退共とは? -中小企業退職金共済制度-

中退共制度は、中小企業の従業員の福祉の増進と、中小企業の振興に寄与することを目的として、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度です。 (1) 制度のしくみ 事業主が独立行政法人勤労者退職金共済機...
職員の気ままなコラム

京セラ 経営の12カ条

第1条 事業の目的、意義を明確にする―公明正大で大義名分のある高い目的を立てる― まず事業の目的、意義を明確にすることが必要です。 なかには、お金をもうける、家族を養うといった理由で事業を始めた人もいるでしょう。 しかし、それだけでは...
職員の気ままなコラム

小規模企業共済-経営者のための退職金制度-

小規模企業共済制度は、経営者の生活の安定と社会保障制度の補完を目的として、昭和40年に始まりました。 (1)小規模企業共済とは? 国の機関である中小機構が運営する、小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための積み立てによる退職金制度...
職員の気ままなコラム

稲盛和夫さんの「6つの精進」

今回は、稲盛和夫さんの「6つの精進」を紹介させて頂きます。 「すばらしい経営を行い、幸せな人生を生きることは、けっして難しいことではありません。 この「6つの精進」を守りさえすれば、むしろやさしいことではないかと、私は思います。」と仰っ...
職員の気ままなコラム

ストップ!会社の労使トラブル

(1)増加する労使トラブル 終身雇用が当然であった時代が終わり、会社と労働者との関係が大きく変化しています。 今の労働者は、会社に対する忠誠心などありません。 彼らは、インターネットから労働基準法などの知識をたやすく入手し、会社の弱み...
職員の気ままなコラム

よくあるQ&A ~贈与税について~

Q1.贈与税について 贈与税の基本的な仕組みについて教えてください。 A. 贈与税の概要を説明致します。 (1)贈与税とは 贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。 会社など法人か...